ピンクのメイク30代40代に似合う取り入れ方

ご覧いただきありがとうございます
美肌シフトです☆

毎日寒くて空気も乾燥しています
早く寒さが少しでも和らいで欲しいですね。

ピンクのチューリップ

この時期徐々にファッション誌やコスメ雑誌などでも
春らしいカラーについての特集をよく見かけます。

コスメはピンク系が人気で、ファッションでもピンク系やイエロー系は
身に付けるだけで暖かで華やかな印象になれます。

何だか可愛らしい印象の「ピンク」
30代40代でも大丈夫でしょうか?

取り入れ方のコツなどまとめてみました。

スポンサーリンク

ピンクのメイク取り入れ方

コスメでピンク系を取り入れる時
全体的な印象を考え、バランスを考えると上手くいきます。

例えば、チークもアイシャドウもリップも「ピンク」だと
主張し過ぎて古臭い印象に!
さりげなく明るく、自然な雰囲気のメイクにまとめるため
チークで明るいピンク→リップは気持ち薄めにワントーン落とす
リップを濃い目→チークはできるだけ薄く、アイシャドウは薄すぎず普通に
アイシャドウを強調したい場合、チークやリップは控えめに
このバランスが出来ていない方が多く
一番の気を遣うべきポイントです!

ピンクカラーの注意点
くすみピンク
紫の強いピンク
は顔色が悪く見えるし、塗り方に注意が必要なので
取り入れ方に難しい印象があります。

避けた方が無難かも。

コーラル系や程よいローズ系は肌を生き生きと見せてくれるし
くすみを飛ばすのでおススメです。
赤味よりのピンクも大人に似合うカラーです☆

スポンサーリンク

ファンデーション・チーク・リップ・アイシャドウおすすめ

最近はチークの2種類使いで奥行き感を出す、というテクニックが人気です。

パウダーチークとクリームチークの2種類を使うことです。

クリームチークというと
30代以降では子供っぽくなり過ぎないかと心配ですが

パウダー8、クリーム2の割合で頬に載せると
奥行き感と、自然な血色感がとても良く
朝のメイクで時間のある時は是非取り入れたいメイク法です。

クリームタイプだと
程よい保湿感もあって乾燥しにくいのでおすすめ。

クリームは少しずつ色合いを見ながら
頬に載せていくと失敗がありません。

 頬に密着するクリームチークは
できるだけお肌に優しいものを!と思い
行きついたのがこちら24Hコスメのもの☆

・口紅
・アイカラー
・チーク
として使える優れもの。
天然ミネラルに天然保湿成分がプラスされているので
とっても伸びが良くツヤのある質感です!

 

 

 チークとリップは同じ系統のピンクで統一すると
より肌へ馴染みやすくなります
(コーラル系同士、青味系同士、ピーチ系同士など)

 徐々に春カラーを取り入れながら気分を上げて
春を待ちたいですね☆ 

にほんブログ村 美容ブログ 美白・美肌へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました