ピンクメイクが似合わない!メイク賢者はやっているブルベイエベ解決策2つ

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

こんにちは
美肌シフトです

 

 

毎日寒くて空気も乾燥しています、少しでも和らぐといいですね。

 

メイクセット

 

この時期ファッション誌やコスメ雑誌などで春らしいカラーについての特集をよく見かけます。

コスメはピンク系が人気。ファッションもピンクやイエロー系は身に付けるだけで華やかな印象になれて気分も上がります。

 

ですが【ピンクのメイクが何となく似合わない】という悩み、周りでよく聞きます。

 

解決策は、ピンクの色味をコントロールすること!

・化粧下地などで、肌の色味をピンクメイクが似合うように調整

・ピンクの中でも自分の肌により似合う色味のピンクを使う

元CAでコスメカウンセラーの友人に伝授してもらったことも合わせまとめてみました。

これをやっている人は結構あたり前にしていて、ピンクメイクがずーっとしっくりいかないまま過ごすなんて嫌ですよね。

 

スポンサーリンク

ピンクが似合うブルーベースと似合わないイエローベース

なぜピンクが似合わないと感じる場合があるのでしょうか。

それはイエローベースブルーベースの違いに関係しています。

これについては、もうかなり浸透してきてますよね

 

簡単に言うと、、、
イエローベース
肌が黄色みがかっていて日焼けをすると小麦色になるタイプ。手の平がオレンジや黄色っぽい。アクセサリーはゴールド系の方が似合う
ブルーベース
肌は青みがかった白やピンクみがあり、日焼けをすると赤くなるタイプ。手の平は青やピンクっぽい。
アクセサリーはシルバー系の方が似合う

 

一般的に【ピンク】はブルベの方ならどんなピンクでも似合うと言われています。逆にイエベの方には限られたピンクしか似合わないのでは、とも。

 

 

私は昔からコーラルピンクやオレンジ寄りのピンクが好きで使っていたけれど、年齢を重ねていくと何だかしっくりいかなくなり
青みピンクの方がやっぱり似合うかも、と実感するようになりました。私はブルーベースです
あまり細かく分析し過ぎる必要はなく、何となくこちらのタイプでも大丈夫。
自分がどちらのタイプ再確認したら、次はピンクメイクの似合わない問題を解決です。

 

 

スポンサーリンク

ピンクメイクが似合わない!メイク賢者はやっている「イエベとブルベ」解決策

ピンクと言っても奥が深い、、。

青味系のクールなピンクもあれば、黄色み系のあたたかい雰囲気のピンクもあります。

苦手な色味を使っていくには「合わせ方」がコツ。

バッグと靴

洋服で例えるなら、ブルベさんが苦手な黄色味のものを着る場合はボトムスに持ってくる。

メイクもそんな風に組み合わせ方で自分に似合わせていくイメージ。

これができるようになっていくと、どんなピンクも自分にしっくりいくようになって最強のメイクテクになります。

 

イエベ解決策・似合うピンク

ベージュピンク、コーラルピンクなどの黄色みを感じるピンクを選ぶ

 

【青みピンクを使うなら】

・できればアイメイク、チーク、リップのどれか1つにする。

・化粧下地にピンク系やパープル系のカラーコントロールを使う。肌の黄色味を抑える効果があります。

・チークに青みピンクを持ってくるならハイライトでツヤを出す

・リップで青みピンクを使うならシアータイプで透明感を。重い印象にならないようにする

・アイシャドウで青みピンクを使うなら透明感やツヤのある淡い発色のものを選ぶ

 

カラー下地はまだ使ったことがない方がいたら、ぜひ試してほしいアイテムです。

ツヤ肌でとても自然、ピンク血色感の友人に教えてもらった「ミシャBBブーマー」。公式サイトでも人気のカラー下地です

(ミシャ公式サイト・綺麗ツヤと血色感が仕上がるBBブーマー)

 

カラー下地は顔全体の印象も変えてくれるし、その時の肌状態でくすみなども解決してくれます。

 

 

やや白っぽさとハイライト効果が欲しい時にはNOVカラーベースがおすすめです



個人的にもNOVカラーベースは肌に優しくて愛用しています

 

詳しい使用感の記事はこちらから

 

イエベさんでも取り入れやすく、幅広い世代におすすめなのがミシャ グリッタープリズム
植物オイル入り、クリーム状でしっとり、ほんのりラベンダーで淡い発色。
グリッターがすごく綺麗でぜひ試して欲しいカラーです。


(ミシャ公式サイト・グリッタープリズム)

 

ブルベ解決策・似合うピンク

ブルベの方には幅広いピンクが似合うと言われています

特に青みピンクがしっくりいきます

 

【黄色みピンクやベージュピンクを使うなら】

・アイメイク、チーク、リップのどれか1つにする

・チークに使う場合は、コンシーラーなどでくすみや肌の赤みを抑えてから

・ベージュ系リップは寂しい印象になってしまうので、アイメイクで華やかさ、明るさを出す

・アイメイクに使うならラメ入りや発色が明るめのものがおすすめ

 

 

アディクションのラメはとても上品で発色も綺麗なのが特長です。

こちらのピンクもブルベさんに取り入れやすいカラーです。

 


 

 

ベージュ系のリップを使う時、アイメイクをしっかりする。そんな時はカラーライナーがおすすめです。

 

どんなアイライナーが40代におすすめ?詳しくはこちら

カラーライナーを取り入れるとグンと今っぽい雰囲気にもなれます

 

ダサさ回避!ピンクメイクのブルベイエベ注意点!

ブルベイエベに共通のピンクメイク注意点

 

①ピンクだらけで重くなり過ぎに注意

コスメカウンセラーの友人が話していたんですが、パーツにばかり気を取られ、仕上がりの全体の印象が重くなり過ぎに注意、とのこと。

眉もピンク、目元もピンクで腫れぼったく、チークも濃すぎで抜け感がなくなってしまう、ということだけは避けたいですよね。

顔全体の印象を意識してメイクしていく、仕上がったら全体のバランスもチェック!が大事ですね。

 

 

②同じトーンのピンクばかり使う

例えばチークもアイシャドウもリップも同じような色味のピンクで統一。古臭い印象になってしまいます

 

 

明るく自然な雰囲気のメイクにまとめるのがポイントです。チークで明るいピンク→リップは気持ち薄めでワントーン落とす

 

 

リップを濃い目→チークはほんのり薄く、アイシャドウは適度に。アイシャドウを強調したい場合、チークやリップは控えめに

 

 

抜け感大事!自然な奥行きピンクチーク

特に抜け感が欲しい30代、40代の方にチーク2種類使いがおすすめです。

奥行きが出て抜け感メイクが叶います。

パウダーチークとクリームチークの2種類

 

クリームチークはパウダー8、クリーム2の割合で頬に載せると、奥行き感と自然な血色感が出ておすすめのメイク法です。

 

クリームタイプだと保湿感もあり乾燥しにくいのもいい点です。個人的にもクリーム派。

 

クリームは少しずつ色合いを見ながら頬に載せていくと失敗がありません

 

 

頬への密着度、発色が綺麗なマキアージュのドラマティックカラー

イエベ向き、ブルベ向きとカラー展開が豊富でぴったりなものが見つかります。

 

クリームチークとパウダー質感が1つになったものも人気ですよね。

指で押すとぷにゅっとしたテクスチャーで日本限定カラーの【アピュージューシーパンジェリーチーク】

 


 

ほんのりカラーがつくので、40代の方にも使いやすいです。主張し過ぎずちょうどいい仕上がりに

 

仕上げは全体の印象をグンとランクアップさせてくれる透明感!NARSのパウダーです

とても人気がありますよね

 

ピンクの中でもより自分に似合うものを選び、使い方の工夫でピンクを自分に似合わせる。

ぜひ実践してみてください

 

 

おすすめ記事

好みは?ディオールスキンフォーエヴァーとSHISEIDOシンクロスキンを比べてみた
こんにちは 美肌シフトです 先日久しぶりにリキッドファンデーションを買い替えたので、使用感の違いをまとめてみました 比べたのはSHISEIDOシンクロスキンラディアントリフティングファンデーション(140)とディオールスキンフォーエヴァーフ...
エリクシールスポットクリアセラム口コミ通り高評価?シミシワ対策に☆レビュー
こんにちは 美肌シフトです 日差しが強く、まだ5月とは思えない程暑い日が続きますね 1ヶ月程前から使い始めた『エリクシールスポットクリアセラムWT』 雑誌でもよく見かけるし、かずのすけさんおすすめのレチノール美容液として気になっていたんです...
エスプリークシンクロフィットレビュー☆ピュアスキンパクトとの違い・色は?
こんにちは 美肌シフトです 毎日暑いですね 先日久しぶりに購入したパウダーファンデーション、エスプリークシンクロフィットパクトEX。 事前に調べたらエスプリークのパウダーファンデーションにはピュアスキンパクトUVというのもあり、どちらにしよ...
40代おすすめマキアージュドラマティックコンシーラーとハイライターでクマシミを飛ばす
こんにちは 美肌シフトです! 普段ファンデーションはリキッドタイプの出番が多め(マキアージュドラマティックエッセンスリキッド) 相性の良さそうなドラマティックコンシーラーとドラマティックハイライターを使ってみました 美肌シフト 青クマを隠し...

体調にも気をつけてお過ごしください

スポンサーリンク

☆記事がお役に立てると嬉しいです☆

☆読んでいただきありがとうございました☆

スポンサーリンク
メイクコスメ
美肌シフトをフォローする