肩のシミ対策自宅で出来る3ステップご紹介【角質・クリーム・内側からケア】

ご覧頂きありがとうございます
美肌シフトです

 

 

夏場でもあまりノースリーブを着ることは少ないですが
普段から暑がりで汗っかきのため、UV対策の羽織物を脱ぐことも。
昨年はマスクで息苦しいことも多々あったので特にそうでした。
今年もまたそうなるのでしょうか、、、
💦

 

夏の青い海

 

シミ一つないツルツルの綺麗な肩、だったんですが(ちょっと自慢)笑
実は昨年肩に薄~い茶色のシミ?を見つけてしまったんです。
2ミリ位の小さいものが2つ、、。
これをきっかけに、もしかしてどんどん増えるのかなぁ💧と心配になり
その後皮膚科を受診した際に先生に聞いてみました。

 

 

薄いシミならこれ以上濃くすることを防いだり
薄くしていくことも可能だということ(シミの種類による)
それ以降は肩のシミ対策を半年以上続けています。
自宅で出来る3ステップご紹介するので参考にして下さい。
※すっかり綺麗に消すなら美容皮膚科のレーザーなどが有効です。
その場合も再び出てしまう事があるので予防は必要だそう。

 

 

スポンサーリンク

肩のシミどんな種類?

肩や腕にできるシミにはどんな種類がある?

セルフケアが可能なシミと原因

老人性色素斑 肝斑 炎症性色素沈着
紫外線
ストレス
ターンオーバーの乱れ
紫外線
女性ホルモンの乱れ
傷跡
ニキビ跡
虫刺されなどの色素沈着
セルフケア対策可 セルフケア対策可 セルフケア対策可

※生まれつき腕にシミがある場合や、肝斑は主に顔にでるもので腕はあまりできないと言われています。

 

 

残念ながらセルフケアが難しいシミと原因

そばかす 脂漏性角化症 花弁状色素斑
紫外線
遺伝
紫外線
加齢
紫外線
美容皮膚科での治療がおすすめ 美容皮膚科での治療がおすすめ 美容皮膚科での治療がおすすめ

 

 

私が自分の肩に発見した薄い小さいシミは老人性色素班とのこと。
なんだか老人と言う響きが何とも言えない気持ちになりますが
紫外線の影響で誰でも出てくる可能性があるようです。
早い人では20代でもあり得ると。
そういえば子供が小さい時は、日焼け対策なんてあまり出来ていなかったかも、、
とそれも懐かしい思い出ですが。

 

 

紫外線対策は日頃から必須ですが
それに加えて自宅で出来る3ステップご紹介

 

スポンサーリンク

肩のシミ対策自宅で出来る①角質ケア

肌のターンオーバーを整えて
シミの元になる【メラニン】を排出することが大切です。
古い角質は1~2週間に一度除去するピーリングが必須。

 

アクアピールボトル

 

ナチュレーヌのアクアピール
【モイスチャーピーリングジェル】は敏感肌にも使える優しいジェルです。
今まで、ポロポロ角質が落ちるピーリングって少し苦手だったんですが
こちらを使ってからは手放せなくなりました。
ボディの角質ケアに特に向いていると感じます。

 

 

クレンジングや洗顔料では落ちなかった古い角質
毛穴に残るメイク汚れや酸化した皮脂、肌表面のザラザラをキレイさっぱり洗い流してくれます。
インバスタイプなので濡れた肌にも使いやすく
首元、肩、腕、膝や肘、くるぶし背中など全身に使えるのでツルツル肌が完成します。
ピーリングを行った後は化粧水や美容液などで保湿をしっかりして下さい。

 

 

こちらは300mL + 30mL(ミニボトル) 2,420円(税込)。
まずは試してみたいという場合にも30mLミニボトルが300円であります。
公式サイトの他amazonなどでも購入できます

ポロポロ落ちるタイプがあまり好きではない方
オルビスの酵素パウダー洗顔での角質ケアがおすすめ。

詳しい記事はこちらになります

 

 

スポンサーリンク

肩のシミ対策自宅で出来る②クリーム

強い美白作用をもつ「ハイドロキノン5%」配合のクリームを
肩のピンポイントシミ対策として使用。
これはかなり有効で、元々薄いシミではあったのですが
かなり目立たなくなりました。シミの輪郭がぼやけていくという感じに。
効果を感じるまで2ヵ月程かかりました。

 

 


皮膚科処方で指示に従い使用していましたが
その後は診察により経過をみた後
市販で購入できる【ハイドロキノン】を使用しています。
皮膚科の先生曰く、ハイドロキノン5%位が効果を実感しやすくおすすめとのこと。

 

ハイドロキノンクリーム(こちらは皮膚科で処方してもらったもの。ハイドロキノン5%配合。)

 

市販で購入できるものを探し、まずは4%のこちらを使ってみました。
プラスナノHQ5g ハイドロキノン4%は公式サイトで購入できます。

 

HQハイドロキノン4

1ヶ月以内で使い切れるよう小さめ5gハイドロキノン4%
一部の口コミで赤くなる、とあるので顔に使用の場合なども
個人差はあるもののパッチテスト等の注意点があります。
私は手の甲や肩に使用していますが、特に刺激や赤味を感じたことはありません。
(継続使用は半年を目安に)

 

 

気軽に皮膚科へ行けない時期なので
ネット購入できるハイドロキノン5%もあります。

楽天ランキングでも人気の【ランテルノ】。
ランテルノホワイトHQクリーム
1本10g入りで2,990円。
純ハイドロキノンが理想の高濃度です↓
口コミでも高評価なのでやはり5%あると多くの方が効果を実感できるようです。

 

 

ハイドロキノンは肌の刺激を考えると5%位がちょうど良いようです。
ただし同じ場所に半年、1年以上の長期使用はできません。(濃度等による)
自分に合った濃度や使用期間について心配な方は
美容皮膚科で聞いてみることをおすすめします。

 

 

 

ハイドロキノンは濃度によって値段が変わってきますがややお高めです。
刺激が心配だったり、黒ずみが気になる部位や広範囲に使用したい方には
こちらのプラスナノHQハイクオリティ5gがあります。
ハイドロキノン弱め
(ハイドロキノンは配合されていません)

 

こちらはプラスナノHQハイドロキノン4%購入後
膝や肘、首元の黒ずみ対策にたっぷり使えそうで追加購入したんです。
刺激もなく伸びも良いので肌のトーンアップにおすすめ。
こちらも5gと小さめなので一本10日位で使い切ります。
もう少し安くて量もあり、ビタミンCに特化したものはこちらで。

 

続いては内面からのシミ対策のため特に夏場に欠かせない
ビタミンについて。

 

スポンサーリンク

肩のシミ対策自宅で出来る③ビタミンケア

何といってもシミ対策と言えばビタミンCですよね。

 

お肌のパック野菜

 

ビタミンCは体内で合成することができないので
野菜や果物、食事から取り入れることを意識しています。
また水溶性のビタミンCは体内に蓄積することができないため
こまめに摂取することがポイント。

足りない分はサプリメントで取り入れることも有効です。

 

 

ビタミンCのシミへの働きは?
シミの元となるメラニン色素の生成を抑える他、
酸化して黒くなってしまったメラニン色素を還元する効果が認められていて
できてしまったシミを薄くする効果が期待されています。

ビタミンCはストレスなどで多く消費されることがあり
日頃から気を付けて摂取していきたい重要な成分です。
詳しい記事もありますのでこちらを参考にして下さい

 

 


 

綺麗なシミの無い肩を目指して
自宅で出来る肩のシミ対策☆

おうち時間が増えた今、是非おすすめですので参考にして下さい

 

【シミ対策や日焼け】などこちらの記事も参考にしてみて下さい

かずのすけさんおすすめシワ改善【無印リンクルケアクリームマスク】が気になり
ご覧いただきありがとうございます 美肌シフトです 今年の5月位でしょうか かずのすけさんがyoutubeで紹介していた 『無印エイジングケア薬用リンクルケアクリームマスク』。 その後オンラインストアや店舗でも売...
ビタミンCのイオン導入は皮膚科で?それとも美顔器自宅ケア?
ご覧いただきありがとうございます 美肌シフトです まだまだ寒い日が続きますが 春を前にお肌を整えておく必要があります。 そう、春の日差しって思ったよりも強く紫外線が一気に増える時期ですよね。 ...
かずのすけさんおすすめの日焼け止めポーラ ノブ オルビス化粧下地をお試し
ご覧いただきありがとうございます 美肌シフトです かずのすけさんがおすすめされている日焼け止め3種類を 顔に使ってみました。 紫外線対策は夏の時期はもちろん、一年を通し必要な日...
かずのすけさんの本で見た『メラノCC薬用しみ集中対策美容液』を使ってみた
ご覧いただきありがとうございます 美肌シフトです 春が待ち遠しいですね。 外出できるわけではありませんが せめて暖かい陽気になってくれると嬉しい。 部屋の中にいても油断は出来ず、日焼け止めは...
かずのすけさんおすすめKOSEモイスチュアマイルド美白オールインワン使用感は?
ご覧いただきありがとうございます 美肌シフトです 紫外線が気になる時期 日焼け止めをしっかり塗って 日傘や帽子などでも対策されている方多いと思います。 でも毎日マスクが必須だし そ...
タイトルとURLをコピーしました