手荒れの薬【市販のおすすめ7選】ハンドケア法も

ご覧頂きありがとうございます
美肌シフトです☆

 

 

 

寒さも本格的になり
乾燥する季節になりましたね☆
寒い秋
顔のお肌同様
手荒れも気になってくる時期です。
なるべく早い段階のハンドケアで食い止めたいですね☆

 

 

 

手荒れの薬を調べてみました
参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

手荒れの状態で異なるケア方法

 

気になる手荒れ
どの程度の状態なのかによってケアが異なります。
手は人目に触れる場所でもあるし
念入りな対策をしていきたいですね。

 

酷使する手

 

 

・軽い手荒れ
手が粉っぽくなったり、カサカサする程度なら
たっぷりのハンドクリームケアで回復できます。
それ以上悪化しないよう、水仕事など注意が必要です。

 

・手荒れの進行期
ひび割れや血がにじんだり。赤味も目立ち始めてくると
これ以上進行しないよう、水仕事ではプラスチック製手袋が必須!
また外出時は冷たい空気に手が触れないよう手袋がおすすめです。
状態によって悪化しそうなら、この段階で「皮膚科」受診が安心です。

 

手荒れの重症期
かゆみが出てきてじゅくじゅくするような赤味が出ているようであれば
皮膚科で薬を処方してもらうことが必要です
ステロイド治療、また日常生活でも綿の手袋をしたり対処法を教えてもらえます。

 

なるべく初期の段階で悪化させないことがとても大事です。

 

病院に行く程ではないけど自分で薬を使うとしたらどんなものがあるのでしょうか。
スポンサーリンク

市販の手荒れの薬

 

まずは予防に
日常的に季節問わず白ワセリンを使うようになってから
手荒れやかさつきのほとんどが解消されるようになりました。

 

 


ハンドケアの毎日に・手荒れ予防としておすすめです
寝る前にたっぷりのワセリンを塗って綿の手袋をつけるとより効果的


 

オリーブオイルケア法も
とっても綺麗な手を保っている女性に聞いたことがある方法をご紹介
バージンオリーブオイルを手にしっかりと塗り込んで
ナイト用手袋をして寝るだけ。翌朝にはしっとりすべすべの手になっているはず!
またオリーブオイルを塗り、ビニール手袋をしてから温かいお湯で食器洗いをすれば一石二鳥
スチーム効果で肌に浸透し柔らかいすべすべの手に。

 

傷などの手荒れなら
オロナイン

 

ヘパリン類似物質乳状液
皮脂の取り過ぎによるカサカサの手荒れにおすすめなのが
血行を促進して肌の再生を促してくれるヘパリン系


 

ヒフメイド油性クリーム
ヘパリン類似物質を配合
乳液タイプより、より肌にとどまるクリームタイプ。

 

ヘパソフトプラス
保湿成分のヘパリン類似物質に加え
かゆみ止め成分のクロタミトン・ジフェンヒドラミンを配合。
かゆみをともなう手荒れに効果を発揮。


タイトルとURLをコピーしました